【ケロケロキャンディー】

2018-06-06

カエルの日に作ろう♪

こんにちは♪ビジュアルフードクリエイターの白井ありさです。今日はカエルの日!
カエルの鳴き声「ケロ(6)ケロ(6)」の語呂を合わせて制定されたそうですよ。
そんなカエルの日にちなんで、可愛いくてフルーティーなカエルのキャンディーを
ご紹介します。お子様が喜ぶ味と見た目です。
このレシピに使われている商品は・・・
ピンクグァバ20%
ブラジル産ピンクグァバの果汁を20%配合しています。甘く熟したピンクグァバの魅惑的な香りと、甘酸っぱく華やかな味わいをお楽しみください。

材料3本分

  • デルモンテ ピンクグァバ20%
    大さじ1
  • 砂糖
    50g
  • マシュマロ
    2粒
  • チョコペン
    適量

つくり方

  • 1フライパンに「デルモンテ ピンクグァバ20%」と砂糖を入れ、ヘラでかき混ぜながら中火にかける。
  • 2まわりにふつふつと気泡がではじめ、砂糖が溶けきったらフライパンを火から下ろしてフライパンごと水布巾の上にのせる。
  • 3クッキングシートの上に②をスプーンですくって直径5cmの円になるように広げてカエルの顔を作り、カエルの目の位置に5円玉サイズの円を2つ付ける。これを3つ作る。
  • 4マシュマロを適当な大きさに切って、カエルの目の部分に乗せて白目を作る。
  • 5キャンディーが固まる前に、それぞれ竹串を刺す。
  • 6キャンディーが完全に固まったらチョコペンでカエルの表情を描く。
レシピ作成
白井 ありさ
さん
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在は団体向けお料理ファシリテーション(ホームクッキングジャパン)の講師代表を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜の監修、企業のレシピ考案を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena