【マンゴーソースで食べるえびマヨ】

2018-07-11

フルーティーなソースが美味しい

こんにちは。ビジュアルフードクリエイターの白井ありさです。
いつものえびマヨが一工夫でおしゃれな味に大変身!
今回は「デルモンテ マンゴー20%」を使ったフルーティーなえびマヨをご紹介します。いつものえびマヨに飽きた方や、ワンランク上のえびマヨを目指したい方に
是非作って頂きたい一品です!
このレシピに使われている商品は・・・
マンゴー20%
トロピカルフルーツ・マンゴーの中でも味、香りともに優れているといわれるフィリピン産マンゴーを使用しています。
マンゴー独特の濃厚な甘い香り。
甘味・酸味のすばらしいバランスです。

材料2人分

  • (A)デルモンテ マンゴー20%
    大さじ2
  • (A)ヨーグルト
    大さじ2
  • (A)マヨネーズ
    大さじ1
  • (A)レモン汁
    小さじ1/2
  • (A)砂糖
    小さじ1/2
  • むきえび
    120g
  • 片栗粉
    適量
  • オリーブオイル
    小さじ1
  • レタスなどお好みの葉物野菜
    適量
  • レモン
    1/3個

つくり方

  • 1(A)を全てボウルに入れ、よく混ぜる。
  • 2むきえびに片栗粉をまぶし、熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、中火で両面を焼く。
  • 3②を①に入れ、和える。
  • 4器に食べやすいサイズに切った葉物野菜をのせ、その上に③をのせる。
  • 5レモンを薄くスライスし、飾る。
レシピ作成
白井 ありさ
さん
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在は団体向けお料理ファシリテーション(ホームクッキングジャパン)の講師代表を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜の監修、企業のレシピ考案を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena