【いろいろきのこのトマト煮】

2018-11-27

トマトときのこで旨みの一品

こんにちは、牛原琴愛です。
今日は「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」で煮込む、作り置きの一品をご紹介します。
完熟トマトの香りや味わいがしっかり引き出された「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」で、数種のきのこを煮込みます。それだけでも十分美味しいのですが、さらに隠し味の「昆布茶」をプラス。うまみの相乗効果でシンプルだけど深い旨みを感じます。そのまま食べても、ごはんにかけたりパスタやうどんと和えたり、トーストにのせたり・・・食べ方は思い思いに。冷蔵庫で3~4日楽しめます♪

材料2~3人分

  • お好みのきのこ
    合わせて400g
  • にんにく(みじん切り)
    1片分
  • (A)デルモンテ 食塩無添加トマトジュース
    2カップ
  • (A)水 
    1カップ
  • (A)昆布茶 
    小さじ1
  • 少々
  • こしょう
    少々

つくり方

  • 1きのこは手で割いたり、ほぐしたり、カットしたり、食べやすい大きさにする。(煮込むと縮むので気持ち大きめにしましょう)
  • 2フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。香りがたったら①のきのこを加えて炒める。オイルが回ったら(A)を加えて中火で5分煮る。味を見て塩、こしょうで味を調える。
このレシピに使われている商品は・・・
このレシピに使われている商品画像
食塩無添加トマトジュース
世界中のトマトの本場から選抜した完熟トマトをブレンドしています。
食塩無添加。
機能性表示食品(関与成分:GABA 血圧が高めの方に)です。
続きを見る
このレシピを共有する
  • share line
  • share twitter
  • share facebook
  • share pocket
  • share hatena
  • print
レシピ作成
牛原 琴愛
さん
多くの食材がいつでも手に入る昨今、「旬」の野菜・果物を知ってもらい、「旬」に食べることの大切さとその食べ方を提案する料理教室「Cooking & Coaching~ココロモカラダモ健康に」や、料理から旬を知る料理教室「HAPPY♪ベジクッキング」などを主催。この他、大手食品メーカーの広告、販促用のレシピ開発、撮影のフードコーディネートを手掛ける。また、農業の6次化を見据えたワークショップや各種イベントのコーディネート、食育講座やカルチャーセンターの講師など幅広く行う。
おすすめレシピ
最新のレシピ