【バナナのクランブル】

2019-01-26

ワインのお供にも♪

こんにちは、牛原琴愛です。
今日は『バナナクランブル』をご紹介します。
クランブル(crumble)は「ポロポロと崩れる」という意味。粉とバターと砂糖で作ったそぼろ状の生地を、バナナにかけて焼き上げます。パイ生地作りはちょっと抵抗があっても、クランブルなら手軽に作れます。
「デルモンテ バナナ26%」とレモンで煮たバナナにたっぷりかけて、クランブルのサクサク感と、とろとろのバナナをお楽しみください。ワインに合わせるのもおススメです♪
このレシピに使われている商品は・・・
バナナ26%
世界で最もポピュラーなトロピカルフルーツのバナナ(キャベンディッシュ種使用)を、濃厚な甘い香りとやさしい味わいの果実飲料に仕上げました。豆乳や牛乳で割ってもお楽しみいただけます。

材料2人分

  • バナナ
    2本
  • (A)デルモンテ バナナ26%
    1/2カップ
  • (A)レモン汁
    小さじ1
  • (B)薄力粉
    50g
  • (B)バター(さいの目切りにして冷蔵庫で冷やしておく)
    25g
  • (B)ブラウンシュガー(グラニュー糖でも可)
    25g
  • ピーカンナッツ(クルミなどでも)
    適量

つくり方

  • 1バナナは皮をむき、4~5等分に切ってフライパンに並べ、(A)を加えて汁けがなくなるまで煮る。
  • 2ボウルに(B)を合わせ、指先でバターをつぶしながらポロポロになるまで指先で捻る。
  • 3①を耐熱皿に並べ、②をかけて、200℃のオーブンで15~20分ほど焼く。仕上げに砕いたピーカンナッツをふる。
レシピ作成
牛原 琴愛
さん
多くの食材がいつでも手に入る昨今、「旬」の野菜・果物を知ってもらい、「旬」に食べることの大切さとその食べ方を提案する料理教室「Cooking & Coaching~ココロモカラダモ健康に」や、料理から旬を知る料理教室「HAPPY♪ベジクッキング」などを主催。この他、大手食品メーカーの広告、販促用のレシピ開発、撮影のフードコーディネートを手掛ける。また、農業の6次化を見据えたワークショップや各種イベントのコーディネート、食育講座やカルチャーセンターの講師など幅広く行う。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena