【豆乳トマトすいとん】

2019-03-04

ピンクが可愛い♪

こんにちは、牛原琴愛です。
今日は「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」で作る『すいとん』をご紹介します♪
『すいとん』は日本の郷土料理のようなもので、江戸の昔から食べられていたそうです。小麦粉の生地を食べやすい状態にして、汁に入れて煮ます。野菜や薬味などをたっぷり加えると、体が温まる一品に。今回は「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」で小麦粉を練っているので、かむほどにトマトのうま味を感じます。春色のトマトすいとんを是非お試しください!
このレシピに使われている商品は・・・
食塩無添加トマトジュース
完熟トマトの香りや味わいをさらにおいしく引き出しました。世界中から選りすぐった完熟トマトをベストな配合でブレンドしています。
本品1本に14個分の完熟トマトを使用しています。
機能性表示食品(GABA):届出番号C343(*)
GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
1日コップ1杯(200ml)を目安にお飲みください。

*食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。


〈摂取上の注意〉本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。降圧剤等の医薬品を服用している方は医師、薬剤師にご相談ください。

材料2~3人分

  • (A)薄力粉
    100g
  • (A)デルモンテ 食塩無添加トマトジュース
    1/2カップ
  • 鶏ささ身
    1本
  • お好みの野菜(芽キャベツ、大根、にんじん、ごぼう、干ししいたけなど)
    適量
  • オリーブオイル
    小さじ1
  • 1と1/2カップ
  • 鶏がらスープの素
    小さじ1
  • 大さじ1
  • 豆乳
    1カップ
  • 小さじ1/2
  • 粗びき黒こしょう
    少々

つくり方

  • 1ボウルに(A)を合わせてスプーンなどで練ってすいとんの種を作る。この時「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」を2回に分けて加えるとダマになりにくいです!30分ほど寝かせるともっちり感が増します。
  • 2鶏ささ身は筋を取って1cm幅に切る。お好みの野菜をひと口大に切る。(今回は芽キャベツ、大根、にんじん、ごぼう、干ししいたけなどを使用)
  • 3鍋にオリーブオイルを熱し、②を炒め、水、鶏がらスープの素、酒を加えて野菜が柔らかくなるまで煮る。
  • 4豆乳を加えて温め、塩で味をととのえる。①のすいとん種をスプーンですくって落とす。すいとんに火が通ったら器に盛り、粗びき黒こしょうをふる。
レシピ作成
牛原 琴愛
さん
多くの食材がいつでも手に入る昨今、「旬」の野菜・果物を知ってもらい、「旬」に食べることの大切さとその食べ方を提案する料理教室「Cooking & Coaching~ココロモカラダモ健康に」や、料理から旬を知る料理教室「HAPPY♪ベジクッキング」などを主催。この他、大手食品メーカーの広告、販促用のレシピ開発、撮影のフードコーディネートを手掛ける。また、農業の6次化を見据えたワークショップや各種イベントのコーディネート、食育講座やカルチャーセンターの講師など幅広く行う。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena