【せん切りきゅうりのトマトそうめん】

2019-08-04

夏野菜×そうめんの最強レシピ!

こんにちは、牛原琴愛です。
暑さも本番を迎え、早くも夏バテ気味の方もいらっしゃるのでは?
食欲のない時にも、ツルツルっとさっぱりいただけるそうめんは強い味方。
数年前から「クールベジ(=クールベジタブル)」という言葉を耳にします。
これは熱中症予防や夏バテ予防に、野菜を食べて体の中からクールダウンしよう、というもので、トマトやきゅうりなどの夏野菜に含まれるカリウムや水分が役に立ちます。
卵を加えれば、栄養も美味しさもアップします。
きゅうりのシャキシャキの歯ごたえがやみつきになるかも!
このレシピに使われている商品は・・・
トマトジュース
完熟トマトの香りや味わいをさらにおいしく引き出しました。
世界中から選りすぐった完熟トマトをベストな配合でブレンドしています。
塩はイタリア・シチリア島産の岩塩を使用しました。自然のミネラルを含むまろやかな岩塩が、トマトの持つおいしさを一層引き立てます。
本品1本に14個分の完熟トマトを使用しています。

材料2人分

  • そうめん
    2束
  • きゅうり
    2本
  • 炒り卵
    2個分
  • (A)デルモンテトマトジュース
    1カップ
  • (A)キッコーマン 濃いだし本つゆ(4倍濃縮)
    大さじ1~1と1/2
  • 一味唐辛子
    適宜
  • レモン
    適宜

つくり方

  • 1そうめんは表示どおりにゆでて、ザルにあげ、水で良くもみ洗いをして水気をきる。
  • 2きゅうりはせん切りにする。
  • 3そうめんを盛り、きゅうりと炒り卵をのせ、(A)をかける。お好みで一味唐辛子やレモンをしぼり、混ぜながら食べる。
レシピ作成
牛原 琴愛
さん
多くの食材がいつでも手に入る昨今、「旬」の野菜・果物を知ってもらい、「旬」に食べることの大切さとその食べ方を提案する料理教室「Cooking & Coaching~ココロモカラダモ健康に」や、料理から旬を知る料理教室「HAPPY♪ベジクッキング」などを主催。この他、大手食品メーカーの広告、販促用のレシピ開発、撮影のフードコーディネートを手掛ける。また、農業の6次化を見据えたワークショップや各種イベントのコーディネート、食育講座やカルチャーセンターの講師など幅広く行う。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena