【トマト味噌おでん】

2020-12-14

トマトと味噌の濃厚おでん

こんにちは。牛原琴愛です。
愛知県の郷土料理で知られる『味噌おでん』をご存知ですか?
土鍋の中で温まった具材を味噌壺につけていただくもの。濃厚なコクと酸味が特徴の八丁味噌(豆味噌)に砂糖やみりん、ごまなどを入れて伸ばしたものが味噌壺の中に入っています。近年は、八丁味噌をベースにした出汁に具材を入れて煮込む食べ方も増えているそうです。

今日は、そんな味噌おでんを、うまみと酸味のバランスが良い「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」をプラスしてアレンジしてみました。具材には冬においしい大根をはじめ、おでんに欠かせないこんにゃくや揚げボール、厚揚げなどを選びました。

おでんを食べ終えたら、残りのスープを白いご飯にかけるスープご飯がおすすめです。お好みで刻んだねぎをのせてもおいしいですよ。

材料2~3人分

  • 大根
    1/4本
  • こんにゃく
    1枚
  • 厚揚げ
    1枚
  • 揚げボール(練りもの)
    12個
  • ゆで卵
    2個
  • (A)デルモンテ 食塩無添加トマトジュース
    600cc
  • (A)味噌 
    大さじ3
  • (A)だしの素
    小さじ1

つくり方

  • 1大根は縦4等分に切り、7分ほどゆでる。こんにゃくはサッとゆでてから縦4等分に切る。厚揚げは焼き目がつくまでオーブントースターで焼いてから縦4等分に切る。
  • 2①にそれぞれ串をさし、揚げボールは3個ずつ串にさす。ゆで卵は殻をむく。
  • 3鍋に(A)を入れて火にかけ、煮立ったら②を入れて煮る。
このレシピに使われている商品は・・・
このレシピに使われている商品画像
食塩無添加トマトジュース
完熟トマトの香りや味わいをさらにおいしく引き出しました。世界中から選りすぐった完熟トマトをベストな配合でブレンドしています。
本品1本に14個分の完熟トマトを使用しています。
機能性表示食品(GABA):届出番号C343(*)
GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
1日コップ1杯(200ml)を目安にお飲みください。

*食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。


〈摂取上の注意〉本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。降圧剤等の医薬品を服用している方は医師、薬剤師にご相談ください。
続きを見る
このレシピを共有する
  • share line
  • share twitter
  • share facebook
  • share pocket
  • share hatena
  • print
レシピ作成
牛原 琴愛
さん
多くの食材がいつでも手に入る昨今、「旬」の野菜・果物を知ってもらい、「旬」に食べることの大切さとその食べ方を提案する料理教室「Cooking & Coaching~ココロモカラダモ健康に」や、料理から旬を知る料理教室「HAPPY♪ベジクッキング」などを主催。この他、大手食品メーカーの広告、販促用のレシピ開発、撮影のフードコーディネートを手掛ける。また、農業の6次化を見据えたワークショップや各種イベントのコーディネート、食育講座やカルチャーセンターの講師など幅広く行う。
おすすめレシピ
最新のレシピ