【はりはりトマト鍋】

2021-02-03

はりはりとはシャキシャキのことなり

こんにちは。牛原琴愛です。
冬になると、関西でよく食べられている鍋に「はりはり鍋」というものがあります。
“はりはり”とは水菜からくる“シャキシャキ”した食感を表現しているとか。
あっさりした鰹出汁にシンプルな食材で作られるそうです。

水菜は伝統ある京野菜の一つで、冬が旬の緑黄色野菜。
生でも、煮ても、漬けても美味しいですが、なんといってもそのシャキシャキっとした食感が魅力ですよね。

今日はそんな水菜を「デルモンテ トマトジュース」で「はりはりトマト鍋」にしていただきます。
具材を煮て、水菜は火を止めてから加えます。できれば水にさらしてハリハリ感(シャキシャキ感)を出しておくのがおススメです。
一気に入れずに、食べながら追加しましょう。
鍋の〆はごはんにスープをかけ、柚子胡椒をたっぷりのせてお召し上がりください。
お好みで柑橘を絞るとさわやかにいただけます♪

材料2人分

  • 水菜
    1~2株
  • 生しいたけ
    4枚
  • 油揚げ
    1枚
  • 豚バラ肉
    150g
  • (A)デルモンテ トマトジュース
    300cc
  • (A)キッコーマン 濃いだし本つゆ
    大さじ1.5
  • (A)水
    100cc
  • ごはん
    2杯分
  • 柚子胡椒
    適量
  • 柑橘類(すだちやかぼすなど)
    適量

つくり方

  • 1水菜は5cmの長さに切る。しいたけは4等分、油揚げはトースターで下焼きしてから12等分の短冊切りにする。豚バラ肉は一口大に切る。
  • 2鍋に(A)を入れて火にかけ、煮立ったら、しいたけ、油揚げ、豚バラ肉を入れる。
  • 3具材に火が通ったら最後に水菜を加える。食べ終わったらご飯を加え、柚子胡椒をのせて、お好みで柑橘類を絞る。
このレシピに使われている商品は・・・
このレシピに使われている商品画像
トマトジュース
世界中のトマトの本場から選抜した完熟トマトをブレンドしています。
シチリア岩塩がトマトの美味しさを引き立てます。
続きを見る
このレシピを共有する
  • share line
  • share twitter
  • share facebook
  • share pocket
  • share hatena
  • print
レシピ作成
牛原 琴愛
さん
多くの食材がいつでも手に入る昨今、「旬」の野菜・果物を知ってもらい、「旬」に食べることの大切さとその食べ方を提案する料理教室「Cooking & Coaching~ココロモカラダモ健康に」や、料理から旬を知る料理教室「HAPPY♪ベジクッキング」などを主催。この他、大手食品メーカーの広告、販促用のレシピ開発、撮影のフードコーディネートを手掛ける。また、農業の6次化を見据えたワークショップや各種イベントのコーディネート、食育講座やカルチャーセンターの講師など幅広く行う。
おすすめレシピ
最新のレシピ