【トマト味の中華ちまき】

2018-05-02

こどもの日のイベントに向けて

こんにちは。日本の行事を大事にしたい薦田富美子です。そして、できることなら行事食も作り、昔に想いを馳せながら、子供達に伝統を語り伝えていきたいですね。今日は中華ちまきをご紹介します。竹の皮がない場合はアルミホイルでも構いませんが、竹の皮には防腐作用もあるので日持ちさせる意味もあります。簡単にめんつゆで味付けするだけ。お弁当にもぴったりな中華ちまきを是非作ってみてください。
このレシピに使われている商品は・・・
食塩無添加トマトジュース
完熟トマトの香りや味わいをさらにおいしく引き出しました。世界中から選りすぐった完熟トマトをベストな配合でブレンドしています。
本品1本に14個分の完熟トマトを使用しています。
機能性表示食品(GABA):届出番号C343(*)
GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
1日コップ1杯(200ml)を目安にお飲みください。

*食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。


〈摂取上の注意〉本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。降圧剤等の医薬品を服用している方は医師、薬剤師にご相談ください。

材料5個分

  • もち米
    2合
  • デルモンテ 食塩無添加トマトジュース
    300ml
  • 干し椎茸(水で戻す)
    2枚
  • (A)豚こま薄切り肉
    50g
  • (A)水煮たけのこ
    40g
  • (A)長ねぎ
    1/2本
  • (A)桜えび
    30g
  • (A)松の実
    10g
  • ごま油
    大さじ 1/2
  • めんつゆ(3倍濃縮)
    大さじ2

つくり方

  • 1もち米は洗って1時間浸水する。干し椎茸は軸を取り除き、粗みじん切り、豚こま肉は1cm幅、たけのこ、長ねぎも粗みじん切りにする。
  • 2もち米の水気をしっかり切り、炊飯釜に入れる。干し椎茸も加え、デルモンテ  食塩無添加トマトジュースを注ぎ、炊飯する。
  • 3フライパンにごま油を熱し、(A)を入れて炒める。めんつゆを加えて、汁気がなくなるまで炒める。
  • 4②が炊けたら③を加えてよく混ぜ、蒸らす。
  • 5竹の皮を水で濡らして柔らかくし、④を5等分してつつみ、タコ糸で結ぶ。
レシピ作成
薦田 富美子
さん
食品会社で商品開発業務に従事した後、フードコーディネーターの資格を取得、料理学校兼キッチンスタジオでのアシスタント、講師を経て、フードコーディネーターとして様々な仕事を経験する。

現在は、知人のデリ立ち上げに関わり、メニュー提案&調理を行う。また、テレビ通販でのフードコーディネートや料理提案、企画提案や撮影、フードイベントや展示会での料理制作、料理教室やクッキングヘルパー等を行う。高齢者男性への料理教室講師も好評。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena