【さんまのオイル煮】

2018-10-23

パンを浸けたら止まらない!!

こんにちは。ビジュアルフードクリエイターの白井ありさです。秋の魚といえば「秋刀魚(さんま)」!! 刺身も焼きも美味しいですが、今回はお洒落なバルで出てきそうなオイル煮をご紹介します♪ ワインのお供にオススメしたい一品です。「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」とたっぷりのオリーブオイルで作れば、濃厚で深みのある味に仕上がります!トマトオイルにパンを浸けたら、手が止まらなくなるかもしれませんよ。
ぜひ、お試しください。
このレシピに使われている商品は・・・
食塩無添加トマトジュース
完熟トマトの香りや味わいをさらにおいしく引き出しました。世界中から選りすぐった完熟トマトをベストな配合でブレンドしています。
本品1本に14個分の完熟トマトを使用しています。
機能性表示食品(GABA):届出番号C343(*)
GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
1日コップ1杯(200ml)を目安にお飲みください。

*食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。


〈摂取上の注意〉本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。降圧剤等の医薬品を服用している方は医師、薬剤師にご相談ください。

材料1人分

  • さんま
    1尾
  • 2つまみ
  • (A)「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」
    50ml
  • (A)オリーブオイル
    大さじ2
  • (A)しょうゆ
    小さじ1/3
  • (A)ブラックオリーブ
    4粒
  • にんにく
    1片
  • (お好みで)タイム
    1本

つくり方

  • 1さんまは頭を落として内臓を取り除き、きれいに洗って水気を拭き取る。三等分に切ったら表面に塩をふる。
  • 2小さめのフライパンかスキレットに(A)を全て入れ、①のさんまを入れる。
  • 3にんにくを薄くスライスし、②に入れる。
  • 4中火にかけ、さんまの裏面に火が通ったら反転させる。
  • 5さんまの両面に火が通ったら火を止め、タイムをのせる。
レシピ作成
白井 ありさ
さん
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在は団体向けお料理ファシリテーション(ホームクッキングジャパン)の講師代表を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜の監修、企業のレシピ考案を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進。
おすすめレシピ
最新のレシピ
  • share twitter
  • share facebook
  • share hatena